読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

…時々、晴れ雨。

グレーな私と子供たちを取り巻く日々を。

何から守るの?

夫の実家訪問から、片付けを急ピッチで進めています。


もちろん、以前からやっていますが

今回は 一番大変な 使用していない、物置部屋などです。


そうしていても、当たり前ですが

生活は続く。

子供たちのクラブの付き添いに、

家事、洗濯の山。

子供たちの学校の支度など。

中々 進まないのが現状です。


子供部屋も大変な事になっているので、

子供たちにも「お祖父ちゃん、お祖母ちゃんが来るから 片付けを

しようね。お母さん苦手だから 手伝ってね❗️」

と 頼みました。


片付けは苦手ですが

二階も時々掃除し、不要の物は捨てています。

でも、子供たち…  何やら持ち込むん

ですよね。

図工作品にとどまらず   折り紙、手紙、種❗️など 増えるんですよね😭

プリント類は その場で破棄するようにしていますが。


今回は子供たちも、多少協力してくれました。

でも、まだまだ。


何かと ひっつけば喧嘩ばかりの

子供達ですが、

普段から 「お母さん、いつも頑張っ

てるよね。」と言ってくれる優しい子たちです。


りーさんは、すぐに何があったかを察して

「お父さんが お祖父ちゃんに言ったんでしょう。ソフトボール大会の日

にだね❓」と小声で聞いてきました。


私は 片付けが出来ていないって事を

話したらしいよと 言いました。

暴言、侮辱の数々を言えるわけないです。

 

不安そうな娘に「何があっても、お母さんが守るよ」と ギュッと

抱きしめました。


そして、息子のるーにも同じ事を伝えて 抱きしめた所、不思議そうに。


「何から❓ 何から守るの?」と。

私は言葉に詰まってしまいました。


…そうです。そうなんですよね。

両親は 自分を、他の何かから守ってくれる人のはずなんですよね。

息子にとって、信頼出来る味方な

訳です。


でも、私は 離婚や 夫から 守りたいと思っている。

夫を敵と認識している。


いくら小学生とは言え、不穏な空気を感じない訳はないですよね。


私も 無意識に言葉の暴力を あの子たちに使っているんだな。

と感じました。

いけないな…。


口に、言葉にしないと 辛くて。