…時々、晴れ雨。

グレーな私と子供たちを取り巻く日々を。

だから。

昨日、親が心配して片付けを手伝いに来てくれました。


実際は、親に余計な心配をかけたくないが為に 連日、必死の片付け作業をしていたのですが。


私は  普段、生活の中心の一階は

毎日掃除していますが、子供部屋や 物置と化している部屋は たまにしか掃除していません。


貰ったお下がりの服。使わないソリ

やスノーブーツ。Xmasツリー、扇風機などの季節の物。

などなど。


普段はそこにラックがあり、室内干しの洗濯物があったりと

確かにかなりの荒れようでした😓

それは認めます。絶対。


私も 色々と気にしていたので

かなりマシになっていましたが、

それでも 埃を取り、掃除機をかけ

一緒になって片付けをしてくれてありがたかったです。


親に心配をかけ、いい大人が こんな理由で掃除を手伝って貰い…

やっぱり、情けないですよ。


ただね。ありがたいけど、ありがたいけど。


悲しいかな。使う人の身になってないんです。


「あの… これは普段使っているか

ら」と言っても 見栄えが悪いとの理

由で、奥に追いやられる。

子供が出せない場所では 私が出すしかない訳で。


しかも、テレビで見たらしい収納方法や ちょっと聞きかじった家事の仕方(母が自分で言っていた)を

次々指南してくるのです。



いやー 実際は使いずらいよ?とか

一回はいいけど、維持は難しいかも。みたいな。

でも、雰囲気を悪くしたくないので

黙っていました。


そして私の、母が苦手な理由の

「人の領域に容赦なくグイグイ入っ

てくる」が やっぱり今回も炸裂しました。


キッチンの食器棚の中の配置を全て

変えていきました。

もちろん「大丈夫、そこは私がやるから」と言っても 聞き入れません。


母は私より10センチ程身長が低く

椅子に乗って、整理してくれているのですが 普段皿を上段にしまってしまえば 私だって椅子が必要になりま

す。

料理中に さっと出し入れ出来ない

棚では、困るんです。

理由を話しても納得はしてくれませんでした。


確かに、同じ形の皿を揃えれば、見栄えはいいだろうけど 普段使用しな

い物を 置かれてもなぁ。

「ごめん。あの… これは使わないから 隅にでも…。」と言おうものなら


「あんたの為に来てるんだよ!

あんたが出来てないからでしょ。」と容赦がありません。


えーー  そこに話来ちゃう?と言う感じです。

いつもなら、言い返すのですが

やはり今回は ぐっと堪えました。


父も さすがに

「後はame(私)がやるから。」とか 

「気に入らなければ、後で お前(私)が直せばいい。」

など、母にやんわり言ってくれるのですが 聞き入れませんでした。


しかも  コップなんか1人一つあれば十分。

うち(親二人暮らし)なんか それで

足りてる❗️と 子供のマグを捨てさせられました。


だから〜〜

うちは 育ち盛りの子供もいる、

五人家族なの!!

お父さん、お母さんの生活とは

違うんだよ。


何回叫びたかったか。


でも我慢。親は私を心配して…。

以下同文。


…今を乗り切ろう。


せめてもの救いは 押し入れや箪笥などを開けられず済んだ事。

今回は!

グイグイきますから。うちの母。


帰り際に「また来週」とか言っていました。 もう、やめてよー

私は 言ってないよ〜💦


ありがたかったけど、ひどくげっそりしました。


今朝になって、母から電話があり

また現実味のない、片付け方を指南。


説明しても聞いてくれないので、若干キレ気味になりました。


あーー  少しの間ほっといて欲しい。

夫のことも、親のこともストレスです。

たまらないわぁ😭