読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

…時々、晴れ雨。

グレーな私と子供たちを取り巻く日々を。

安易な「男前」禁止発令中‼️

近頃良く耳にしませんか〜?

「男前」と言う言葉。


いわゆる、イケメンなどの男性を褒める言葉としてではなくて

格好良い女性に対して使われる傾向にあります。


そもそも「男前」って、

顔の造作だけでなく 考えや態度、立ち振る舞いなどの 男っぷりの良さを表す褒め言葉とも思えます。

私としては、褒め言葉ならイケメンより

やっぱり「男前」の方が言葉の重みを感じるかなぁ。


まぁ、男女問わずですが、思わず惚れ惚れしちゃうような人なんて

中々いないと思いますけどね‼️


で、その中々お目にかかれないはずの「男前」が最近安易に使われているよなぁとも感じているのです。


サバサバ系の女優さんに「男前」

雑誌で  ちょっと辛めのファッション

に「男前」

えー 付ければいいってもんでも…。


そんな時。

あるママ友さんがいらしてですね。

彼女は 運動好きな活発で社交的な

目鼻立ちのハッキリした美人さん。

なのですが、意見も 随分ハッキリ

仰る方で… 

批判も、そりゃ もう、ハッキリと。


ある時、そのハッキリママさんに

対して 別のママさんが

「あの人、時々男前だよね〜!」

と言ったことがあるんですよ。


「……あー…。」

としか、私は答えませんでした。

この曖昧な一言💦


内心は「え、えぇ〜⁉️それ違うでしょ。男前じゃないでしょ!」

と瞬時にツッコミましたけど。


だって。仕事はテキパキとする

デキる人だけど、キッツいじゃない。

サバサバと言うより、ズバズバだし。

一旦思い込んだら 曲げる事のない

頑なさ。

そして止まることのない悪意。


「男前」は後から延々と悪口は

言わないものでしょ。

むしろ、その点は誰よりも「女らしい。」なのでは⁉️


…とは その場では  大人なので言いませんでしたが。


安易に使うのは止めて欲しいもんだ。


それとも。

大人しい、たおやか、可愛い物好き

なんて言う、現実味のない「女らしい」より

広い意味で本質を表した

「女らしい」を認識する時なのかもしれませんが。