…時々、晴れ雨。

グレーな私と子供たちを取り巻く日々を。

逃げ恥に、主婦思う。

夫婦を超えて行け〜〜♪


はい。朝から「恋」のフレーズが飛び交うame家です。

りーさん。お別れ会でダンス頑張って下さい。


逃げるは恥だが役に立つ

も〜〜大好きでした!

色々と辛く悲しかった時期にどんなに 私の心の支えになってくれたか😭


その「 逃げ恥」ファンの心情はさて置き。

前回の「恋ダンス」に絡み、私が

そのストーリー設定について

ふと、感じた事とは。

 

主人公のみくりさんは、ひょんなことから 「契約」としての結婚をし

家事全般担い、雇用主=夫の平匡さんから賃金も頂きます。

その月収が「19万4千円」


それを聞いて、私はふた通りの感想を抱きました。

まず始めに「高っ‼️」でした。

え、そんなに貰えるの?


ドラマ中に「情熱大陸」のパロディで、みくりさんの仕事についての説明で就業時間にも触れていましたが

実質の労働時間は かなり短かいものでした。

(会社勤務としては普通だと思われますが、仕事場を家庭とした場合)


まぁ 子供がいる訳でもなく、

夫(雇用主)は大人で 出社しているので 自由な時間が多いのは当然かもしれませんが…

 

それでも、何だかな。とは思いましたよ。

同じ様な事(家事)して、子供やら

家にまつわる全ての責任も背負って

、賃金も発生しない主婦って…⁉️

やって当然と思われているから 感謝もないしね。

そして 批判のみされる💧


ただ、年金や扶養手当など、守られている権利があるのだから文句は言えないのか〜と 独りごちる事に。


もう一つは。


では、私は「月収19万4千円」

に見合うだけの家事をしているのだろうか‼️と言う点。


ん〜、それも…  また…微妙。


みくりさんは 網戸拭いてたもんな〜

大掃除でもないのに。

普段では やらない掃除区域じゃないの?


お弁当のクオリティも高かった。

具材で作ったお花とか。

(男はデコっぽいの嫌だろうとは

思ったが、許せそうな範囲だったし)


プロ意識の高い みくりさんは、家事だけでなく、家計簿などのやり繰りも頑張っていました。

きっと、ビジネスとしての意識を

持っているので  きっちり手を抜く事なく家事を遂行しているのでしょう。

言い訳して 後に回してしまう私とは  

大きく違う。


主婦として、家事が嫌だとか 私は言うつもりはないんですよ。

それが役目で仕事。と思っているのですが

殆どの主婦の方は

明確な休日があるわけではなく

「愛情」や「結婚」の名目に必要以上にたくさんの役割を背負っているのでは?と思うのですよね。

そして その価値(給与)を数値化するのは 大変難しいと。

育児、介護に至っては 時間無制限

とも言える。



それか、もしくは みくりさんは意外と高級取り😅なのか。


難しいんですけどね。

向き、不向きもあるし 元々 比べられる物でもないから。

「家事代行サービス」の金額見ると

あれもこれも、かなりの金額しますもの。 

プロレベルのプライスなのか?

純粋に、家事に見合う代金なのか?

誰か教えて〜‼️

 

「逃げ恥」見て、こんな事思うの

多分 主婦だからだよね⁉️

素直にムズキュンしていたいわ。


あと、自分の家事スキルを「19万4千円」に近付けられるよう、励みます💦