…時々、晴れ雨。

グレーな私と子供たちを取り巻く日々を。

物は私。

今日もGWです。朝食中に夫が発した

「さぁ、今日はどうする⁉️」は、今日は何処へ行く?とか、何しようか?などの楽しい予定の話ではありません。

もちろん「どこを片付けするかについて」の問いかけでした(~_~;) 

口数も少なく、朝から既に疲れている私たち。それは夫もだと思いますが…

リビングの片隅にゴミ袋が山となって積んであります。数日前の可燃ゴミの日にも同様に、かなりのゴミ袋を出しているので ご近所さんから引っ越しと勘違いされそうです。


取り敢えず私の物は一階の押入れ(半分)にギュウギュウ詰めにしました。

困るのは、必要な物が取り出せない事(^_^;) う〜ん。一体あれは何処にあるのだろう⁉️


もちろん、まだまだ沢山の物があり

スペースも無いのだからどうにかしないといけないんですけどねー。

そして生活していけば自ずと物は増える。これからは必要、不必要かを常に意識して行かなければ。

(お家が綺麗な方って こう言う事を常に考えて生きているのかな⁉️す、素晴らしい…)


今回私物を整理するにあたって、「断捨離」の様な達成感は私にはありませんでした。

多分それは不必要と決断した訳でも 、「こんまりさんのときめく片付け術」の様に、ときめきを失った物を

捨てたと言う爽快さを味わったのでもないからです。

つまり あきらめたのです。「もういいや」と。消極的ですよね〜〜


まぁ 本当に必要な物は取っておいてありますし、ゴミ袋に入れてしまえば あまり思い返したりしない性格なので引きずりはしませんけれど。


半透明のゴミ袋から覗く品々は、昔から持っていた物も多数ありましが、「今」の私の生活に直結している物が大半でした。


勉強やしつけなど子供に関する本。

発達障害に関する支援パンフレット。

少しでもお金を貯めようと、節約術や料理に関する切り抜き。

時間管理や再就職に関する物。

化粧品やパックなどの美容グッズ。

子供が頑張った時にご褒美にあげる

キラキラシールや小さな文房具など。


そこには「現在の私」の抱える悩みや、生活に根ざした「物たち」だったのでした。

古くなった情報は更新する必要がありますが 色々な事を苦手とする私なりに  日々の生活を守ろうとしていたんだよなぁ。

と、しみじみ思いました。

溢れる程の「物は、私」なんだと。



そして「あー… もういいや。」と思ったんですね。これからの生活には

もう要らなくても。

もし、自分の心を在りよう(興味)を知りたければ、最近買った本や、荷物を一度見直して見ると少し分かるのかもしれません。