読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

…時々、晴れ雨。

グレーな私と子供たちを取り巻く日々を。

癇癪スイッチ

早朝四時過ぎの事です。息子のるーが、私を起こしました。

「お母さん、トイレ〜(´-`).。oO」

まだ日も登っておらず、辺りは暗かったので付いて来て欲しかったのでしょう。

私も、普段なら この時間に半分起きた状態で布団の中でウトウトしているのですが今朝は熟睡していまして、寝ぼけながらトイレ前まで付き添いました。

るーも フラフラしつつ用を足し終え

また再び眠りについたのですが…


その後、6時になり私は起床し ついでに早く起きて勉強する!と言う息子を起こしたのですが、その時重大な失敗に気付いたのです。


今日って、検尿検査の日じゃーーん!!

朝イチの尿を採取し、学校に提出しなければらなかったのです…

慌ててその事を伝えると、寝ぼけていた るーはパチッと目を覚まして怒り始めてしまいました。


ベッドの上で足をバタバタさせ、布団を蹴り上げ

「ダメじゃん!最悪じゃん。お母さんのせいだから!」

みたいな事を泣きながら言い、転がり回っています。どうやら癇癪スイッチが入ってしまった様です。


るーは、幼稚園時代を含め学校では癇癪を起こしません。

喜怒哀楽は激しいものの、喧嘩が始まっても 言い争いこそすれ  闇雲に手を出す事はありません。友達との関係を考えての事でしょう。

怒りを抑えるのは誰にとっても難しいものですが、息子は相当な我慢をしているのだろうと思います。


多動であり、衝動性であり。

様々な発達障害の特性を感じながらも、グレーなんだろうなと思うのは そんな所からも分かります。

もちろん、つまづく場面はそれなりに多いのだけど 年齢と経験を経て 

踏ん張る力もついて行っている。そんな成長も感じています。


ありがたい事に、今のところ息子が癇癪を起こすのは家庭内だけで済んでいます。それも、時々です。

きょうだいや家族に対しての甘えや

、遠慮のなさがそうさせているのかもしれませんが 他人に向かう怖さを

思えば 私は、今はそれで良しとしています。

とは言え…


癇癪&パニックはしんどいですよ〜

周囲の諭す言葉も耳に入りませんし、息子も高学年になったので動きも荒くなりました。攻撃(きょうだい間)には痛みを伴います。

顔を真っ赤にし、泣きじゃくり 暴れるが一定時間続きます。

大概、理不尽な事に対して怒っています。(姉が喧嘩を吹っかけた。からかったなど)

問題は「やり過ぎる」のです。

そして「手を出すと結果負けになる」って事です。


私は、喧嘩の際に手を出してしまったら「相手が謝ったら終わり。泣き出したら終わり。」と子供たちに大まかなルールを伝えています。


そして発端は相手にあり、酷い言葉で傷つけられ、明らかに非が向こうにあっても「手を出す=身体を傷つけた方が罪は重い」が世の中のルールなんだよ。と。


特に癇癪を起こす、るーには

「喧嘩の仲裁に入った時、お母さんは酷い事を言った相手をもちろん叱るけど、あなたが手を出していた場合、あなたも叱らなければならなくなる。

しかも、もっとキツく。言葉より暴力はいけない事だからね。」

大した事のない体の痛みより、言葉の暴力による傷の方が長く重く残るんだけどね…って本音を言いつつ。


「相手から酷い事を言われて、尚且つ 手を出した事を叱られる。二重に嫌な目に合うなんて、馬鹿らしいと思わない⁉️」と、最もらしい事を言っております。


まぁ  不愉快に感じるから怒るんだろうし、カッとなれば殺人だって起こる得るのが世の常です。

それでも 彼らが生きて行く社会のルールにのっとり「気をつけようね。」と言い続けるのが母の役目ですから。

「喧嘩になったら 尖った物を持つな。→大きな事故につながる」は

口酸っぱく言っております。


…で、話は今朝の騒ぎに戻りますが

絶賛癇癪中‼️の るーに向かい

○今更そんな事言っても仕方ない。

○うっかり忘れていたのは悪いが、お母さんのせいにされても困る。

○二週間後に、再提出日が 設けられているから大丈夫。

○こんな朝早くから騒ぐのは、めっちゃ迷惑だよ!

…を伝え、その場を離れました。


癇癪の理由が検尿なのも阿保らしかったし、

だからこそ 一人忘れて行くのが思春期手前の高学年男子にとって「とてつもなく恥ずかしい事」である訳で。

息子なりの落とし所を見つけてくれと ほっときました。


私が朝食の準備をしている間、二階で グスグスと泣きながらワークをやっていた息子に、事情を知った夫が「自分の事は、自分で意識してやって行かないとダメだ。」と注意しに

行ってくれました。

(若干 お母さんを当てにするなと言うニュアンスも??  まぁ、自立を促せるなら 何も言うまい。(−_−;))


そして7時になり、遅れて娘たちが起床。その頃には、るーも落ち着きを取り戻していました。

バタバタと朝食の準備に追われていた為、しーちゃんがトイレに入ったのに気づかなかった。

「あ、あ〜〜!しーちゃんストップ!今日検尿!止めて、我慢して‼️」止めてと言われても、無理な相談。

あぁ。またもや、またもやぁぁ〜


夫からは「そりゃ駄目だわ。→私が悪い」と言われ…。

三年生だし、声かけは必要ですけどね。朝食の準備忙しくてね…


るーは、検尿忘れが自分だけでないのを安心したのか

「わ〜、昨日言ってたのに忘れてたの?俺はまだ夜と思ってしちゃっただけだし。俺の方がマシじゃね⁉️」と五十歩百歩な事言ってました。

忘れるとこは同じなんだよ!!


妙なオチがつきました。お後がよろしいようで。