…時々、晴れ雨。

グレーな私と子供たちを取り巻く日々を。

群れの呪いは いつか解け。

先週の土曜日に子供たちの通う小学校の運動会がありました。

6月ともなると日差しがきつく演者も、観覧者も大変辛いものがあります。

特にきょうだいが幼い場合は 熱中症も気になる所。

そのせいか、ビニールシートを止めテントやターフを立てる保護者が随分増えました。

まぁ、一日中そこにいなきゃならない訳ですからね。快適に過ごしたい気持ちも分からない訳でもないんだが。

濫立されてるテントを見るにつけ「ここはキャンプ場でしたっけ⁉️」と思わず聞きたくなります。


我が家は 運動会の開催日が 夫の職場のイベントと大体被るので 私のみの参加となる事が多いです。

と、なると運動会の場所取りは必然的に私の仕事に〜。


それも次女のしーちゃんが小学校に上がってから 観覧は私のみになったので 気分的に随分楽になりました。

(幼子連れての写真撮影とか、一日中外って本当に大変だからっ(´Д` ))


ここ数年、場所取りはお友達のママにお願いしていました。

お友達グループが場所取りする中に混ぜて貰っていたのです。

そのグループメンバーは 6名程で、子供は皆、息子るーと同い年。

私自身はママ達と知り合い程度の関係でしたが 男女問わず子供達は仲が良かったので 昼食を一緒に取ったりと、それなりに楽しく過ごしていました。


だけど昨年、私はある決断をしました。「運動会は、もう一人でいいかな。」と。


毎年声をかけてくれるママにも「長女のりーさんが友達と一緒に食べたいと言うので 他に場所を取るね。ほんと勝手でいや〜ね!もう困っちゃう」…みたいな ふんわりした理由で断りました。

私が離れようと決めた訳は言えるものではなかったので。


息子にも同じ様な説明をしたのですが、友達と一緒がいいと言うので 昼食時に、るーだけをそちらにお願いして混ぜて貰い 私自身は離れた場所を取りました。


若干寂しいものの、とてもスッキリしました!

なぜなら、ずっと居心地が悪かったからです。

その場は楽しいけど自分はここに属しておらず、またそうしたいと思っていなかったからだと思います。


実際の所 結構切ないものがありました。仲良しグループに間借りしてるんですもん。

うちの分のシートが、演目が見にくい隅っこにあったり 木の根っこでゴツゴツした場所に敷いてあったり。

何世帯か分のシートを合わせてあり、みんなでシェアしているので座る時は特に関係ないのかもしれないけど…  そこはかとなく醸されるアウェイ感。

ついでに敷いてくれているんだからね。好意なんだしね。

だけども内心は微妙。そう思っていた訳です。  

しかも 私は子供が複数いるので、写真等の撮影に忙しくて そのシートで休む時間がそれ程ないのも事実でした。

それならば、モヤモヤした気持ちで、好意に甘えているより  一人でいる方がいいいかなと思ったのです。


ーそうして迎えた今年2017年、運動会。

次女のしーちゃんはお友達のシートで食べる約束をし、中学生のりーさんは家族(私)か 友達か検討中だそう。

私は 息子に今年の昼食やシート場所はどうするのかと聞かれ とうとう本音を話しました。


「悪いけど、お母さんは あのグループと一緒にはいたくないんだよね。」と。 

きゃー‼️親としてどうなんだろ?

でも 息子が受け止められそうな年齢だと思ったから話したんですけどね。


彼女たちは、お友達や親たちの話を

良く知っていました。学校のみならず、地域の裏情報にも詳しく 一緒にいると 面白いし、正直楽しかったです。

その反面、噂話も多く陰口が多かったのです。

元々の話の真偽は分かりませんが、最初は ここだけの陰口だったはずが その後、巷での噂に繋がっている事はすぐ分かりました。

一人一人を見れば みんなお洒落で、常識もあり 子供を大事にしているママさんなんですけどね。


息子にも本当の事を伝えました。

大人と言えども、人間なんで好き嫌いがあるのは仕方ない。

もちろんお母さんにも苦手な人がいて、陰口や悪口だって言う。だけどお友達の間だけにするようにしている。

でも あの人達はあちこちで話を広めてるんだよね。しかも一方的で意地悪だなぁって思う。

それが嫌で、お母さんは一緒にいるのをやめたんです。…と。


でもね。それはお母さん個人の考えだから、あなた(息子)はお友達と食べたいなら 昨年みたいに昼食はあちらで食べたらどうかな⁉️そう付け加えました。


息子は「ん〜 。僕もお母さんと食べる。」と答えました。

るーも、うすうすグループのママさん達の所業に気付いていて 子供ながらに「 めんど臭そうな人達」と認識していたんだと思います。

(因みに そばで聞いていた、娘りーさんは「あー あのメンバーね!言ってるね!女が集まると本当厄介よね」

って言ってた。コラコラ(^_^;))



なぜ私が 親として不適切とも思える

話を伝えたのかと言うと 今息子も

似た思いをしているのを知っていたからです。


実は 最近、るー自身もそのお友達に、仲は良いものの ちょっとした違和感を感じているそうです。

皆でふざけている時に「あ、酷くない?」と言うような意地悪をすると。友達にも自分にもするらしい。


息子も高学年です。多分、友達との付き合い方を考えて行く時期に差し掛かっているのでしょうね。


そもそも、運動会で あのグループに入れて貰ったのも 息子がメンバーのお友達と仲が良く、一緒がいいからでしたので 離れるタイミングだったのかもしれませんね。


るーの他のお友達も家族と食べる子もいたので 特に悪目立ちしてなかったです。

高学年男子にとって、誘い誘われる事が人としての価値をはかる物差しですもんね。

誘われない事の心許なさは 幾ら親でも消せる物ではないって事。

いやぁ分かる、分かるよ!その不安さ。

もしかしたら、私たち大人も、あのグループも「群れ」の心地良さに集っているのかもしれない。


でもそれで苦しかったら意味ないよね。すでにそれ「呪い」だよね。

お母さんも未だに迷うよ。傷つくよ。でも それが全てでもないって分かるよ。

ゆっくり大人になって、いつか 君の中の呪縛を解いておくれ。息子よ。


2017年は、結局二人で食べました。(#^.^#)