…時々、晴れ雨。

グレーな私と子供たちを取り巻く日々を。

それを「酷い」と言う為に②

自分の考えや思いを「正しい」と信じる時、相手の言い分を聞く事は難しいと思います。

ですが 夫は普段は冷静に対処する方なので この様に攻撃的だったのは、やはり心身共にどこか病んでいたのだと思います。

だからと言って許される事ではない

のでしょうが。


夫を除く家族に「発達障がい」の特性が見られるに関し『原因は母親である私のせい』が夫の見解でした。

根拠として、検査を受けた訳ではないが 自分はストレスから通院している際に発達障がいとは違うでしょうと(一応)医師から言われたとの事からでしたが、突然聞かされた私の両親は その見解に納得出来なかったようです。(ま〜 当然ですよね。)


その後、両親から夫が実家に来たと言う報告を受けた際に

「病院で検査を受けてはっきりさせろ」

みたいな事を親に言われましたが、私は断りました。

責任の所在なんてどーーでもいいんです!!

原因究明なんて全く意味がない。

子供は既に育っていて 誰のせいだとか、そんな次元はとうに過ぎている。

今は子供のこれからにどう対応して行くかを考える事が私には大切なの!

…と、きっぱり伝えると もうそれ以上は何も言いませんでした。

正直、有り難かったです。


夫はそれ以外の事についても言及してきました。

家が片付いておらず、部屋の床には物が置いてある。自分は居心地が悪く、落ち着かない。

娘(子供)は家が片付いていないから友達が呼べないと言っている。

 

夫は家を「ゴミ屋敷」と言いますが

片付けが苦手とは言え そこまででは無いかなぁと思っています。

確かに水場など 一般的な主婦が苦手としている所は、私も本当に苦手であまりマメには掃除はしていません

。(すみません。そこは自己申告します(;_;))

とりあえずリビングやキッチンのある一階は毎日掃除機をかけていますし、部屋の片隅に多少の荷物が置いてあったのは事実ですが、足の踏み場がないなんて事は絶対にありません❗️


「友達を呼べない」も違います。

子供が幼稚園に入園してからお友達やその親を家に呼ぶ機会が頻繁に増えました。(遊ぶ場所を一階に限定しています。)

夫は細かい人なので、子供の物の扱いの荒さを嫌がるので 敢えて言わないだけですが 人が家に来ているのを知っているはずなのに。


両親も一般論として、子供が三人いて家を常に綺麗に保つ事は難しいよと諭したそうです。

子供が複数いる家に突然訪問したら大概散らかっていると思うよ。

と話そうですが聞く耳を持たなかったそうです。

(まぁ、そうですよね。普通の家庭はそんなもんだと思います(^_^;))

全てが言い訳で、全てがダメな私の擁護に聞こえたのでしょうね。


冷蔵庫の外に食材が置いてあり、邪魔だし悪くしてしまう!については母が「安い時にたくさん買うのは 結構あるものだよ。」とフォローしてくれたそうだが、夫の態度は上記に同じ。

その場に私はいないので今更なんですけど、溢れた食材の理由は、夫の好物のスイカを冷蔵庫に無理矢理入れる為なんですよね。

古くて小さくなった冷蔵庫には 野菜室に二分の一、冷蔵部分に四分の一ずつにスイカを切り分け入れていました。

「スイカは夏しか食べられないんだから」と文句を言われるので 他の食材を犠牲にして。

夏休みは 何度食材を買いに行っても

足ることのない大変な時期なのに、ね。

もちろん 食材を駄目にしたのは 夏だけではないですが、こちらにだって言い分位あります。

でも…これらは良い事ではありませんが糾弾されるべき事なんでしょうか…?

そんなに出来損ないですかね、私?


続けて夫が詰め寄って言うには

「じゃあ、小松菜の葉先が黄色くなったのを見たら どう思いますか?」

だったそうです。


あぁ何だろう、この不毛な押し問答は。きっと私の親も同じ事を思ったに違いない。

実際母は「イヤ〜…これは ちょっと大変だわ。」と思ったそうです。

(もちろん大変ですとも!!)


私は 何だよなぁと思いますが、これらを当然と感じる人も またいるのだと思います。

この「当然」と思えない感覚を夫はおかしい、と言いたいのでしょうね。

感じるのが 「当然」であって「普通」なのに。

感じれない妻(私)と 親は人としておかしい。

そう言いたいのだと思うと、夫が私の親に対して激怒したのか 辻褄が合ってくるのでした。