…時々、晴れ雨。

グレーな私と子供たちを取り巻く日々を。

それを「酷い」と言う為に⑥

答えとして 正しいか、間違っているかは別としてですが 私の親の反応や

話した内容に特別な偏りはなかったと思います。

自分の娘に対しての不満を聞かされたと言う状況を差し引いてもです。


でも夫は酷く怒り、そして深く傷けられたそうです。「あんな奴らに」と。

本当に簡単な事ですよねー。

ごく「普通」の、ごく「一般的」な

ごく「当たり前」の話をされたのに

怒り傷つく理由。

それは馬鹿にしていた人達に言われたからです。


言われた事が的を得た意見で、図星だったからだけでもなく 完全に下に見ていた人に「偉そうに」言われたのが 気に食わなかったんだと思いますよ。


「発達障がい」と思われる妻の親は

同じく「発達障がい」だろう。教育も 躾もろくに出来ていない家庭でって。

夫の家は親戚中が、公務員やら固い職種の家系で(お偉いさんもゾロゾロ)

私の実家は親戚一同で家業を営んでいます。

私からしたら、それが何だ?なのですが違うんですよね。

完全に下に見ていた人たちに「馬鹿にされた」と思い屈辱だったと言いたいのです。


擁護でありませんが、この頃夫は精神的に尋常ではなかったと思います。

ストレスから 激痩せし、気持ちが不安定な辛さから思い余って こんな行動に出てしまったのだろうと想像しています。

それでも 彼は「私の親」だから こんな行動に出たのだと思います。 

嫁の親でなく、私の。

下に見ている人たちだから「発達障がいの妻で 大変な思いをした夫」と

大義名分があれば これぐらいやっても平気だろうと踏んだのです。


普段は冷静な方で、礼儀に厳しい夫です。言わば 相手を見て行動したのです。   


しばらく立って、この日の話し合いの際に「俺は あんな奴らに『あんたの家系にも ダウン(症)がいるだろう。』なんて言われたんだぞ!」

と酷く傷つけられたと言われました。


夫が 実家を出た直後に 母から電話があり事の次第を知った訳ですが 親からは夫の姪御さんに関する事は言っていない、と聞いていました。

その後も話した内容を何度か確認しても 親の話に大きなズレはありませんでした。


夫は 実家に行った事実すら1週間も後に話してきました。

話の内容についても親から聞いていた事とは 大きく違いもありました。

(同棲していた女性やら、細々な話

及び  ここにも書かなかった夫の暴言についても触れませんでしたね。)


姪への発言を含むここでの発言についてですが、私も親の言い分全てを

信じている訳ではありません。

両親もきっと酷い言葉を夫にぶつけたのだろうと思います。

だけど私としても それが本当だったとして「 言われたから言われ返したた」だけの事と思っています。

別に正当化じゃなくて。


ただ、親のしたかもしれない発言はともかくとして。

私は姪と その親たちを馬鹿にした事なんて絶対にしません。

よもや母親が悪いなんて、絶対言わない!

同じ様に苦しんでいる私には出来ません。


前にも言った様に 私は その場に居ず レコーダーもなく、発言そのものの真偽は不明なのですから。

そして 双方興奮しており、泥沼の水かけ論です。

酷い、と思いますが こんな言葉の真偽なんて どうでもいいかな。


➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

私は親から連絡を受けて 

「あぁ、そうなんだ」と淡々と答えました。

親は切り出す前に

「驚かないで聞いてね。夫くんが家に来たの。」

と、前置きしたのですが私はちっとも驚きませんでした。

ただ「そう来たか。」と静かに思いました。


そして、

親が苦手な私を攻撃する、弱点を突いてきたと。上手い遣り方だなと。

素直に思いました。

そして何より「苦しめる遣り方をされた」と思ったものです。