…時々、晴れ雨。

グレーな私と子供たちを取り巻く日々を。

溢れる私物は今や死物に

片付けが苦手なametanakaです。

私は元々物を溜めやすい傾向があります。

ですがコレクター適正はなさそうなんですよね。

私からすると「集めて愛でる人」は物を大切に扱える人と言う感じで好印象を持っているのですけど。

残念ながら ただの片付け下手です。


昨年 個人的な私物を3分の1程捨てました。

結婚の際に整理したとは言え、 40数年生きているわけですから 荷物の量だって相当ありました。

でも家を片付ける為に 今まで私の物を入れていた場所を「もう使わせる気はない。」と突然夫に言われてしまったのです。

私の意見?そんなものは関係ありません。

夫にしたら それはすでに決定事項で「家の為に正しい事をしている」

と言う思いだけ。


私にだって荷物があるんだし、ある程度のプライベートゾーンは必要だと主張しましたが 夫は

「主婦ならそんなに場所は要らないだろ。」

と言われました。

それは、まるでこの家に 私の居場所なんて要らないだろうと言われた様に思えて悲しかった。


もー捨てましたよ。やけくそで捨てました。

本もブックオフで叩き売りました。

(そして代金の安さに更に凹む事に(T . T))


断捨離が中々進まない友人から

 「よくそんなに思い切って捨てられたね〜。」

と言われましたけどもう思い出とか勿体無いなどと言ってられなかったのです。

何と、夫は私の物を仕分けるつもりでいたのです。

雑貨や友達からの手紙、写真や手帳、通帳や貴重品もあります。

自分以外の誰かと共有するものではないと思います。

片付けが苦手な妻を手伝ってあげようと考えたのかもしれませんが、

それはいくら家族でもおかしな行為です。

私は成人した大人ですし、判断も出来ます。

そもそも私自身が夫に手伝いを頼むのでなければ、夫の振る舞いは自分の域を脅かそうとする「侵略」とすら思えてならない。

「やましい事が無ければ平気でしょう?」

と言う方がいらっしゃるかもしれませんが私は絶対に嫌です。

長期で病床に着く場合や死亡するなどを除いては、親や子供にも勝手に荷物を触る事はしないで欲しいなと思っています。


夫は「チッ❗️」と舌打ちし、怒りを露わにしましたが ここだけは私は引きませんでした。

こんな状況だったので夫に触られる前に自分で捨てるしかなかったのです。

深夜まで作業してとにかく残っている私物を箱詰にしました。


…そのね。

箱詰めにした私物は1年たった今も箱のままなんですよね。

何処に何があるのやら〜(^。^)

と、言うよりも本当にあるのか無いのか〜(^o^)と言った有様でして。

さすが片付け下手だけあります。

父が急死してそれ何処ではなくなったのは事実ですが それ以上に闇雲に箱に押し込んだのでは やはり使いにくのです。


化粧品やら帽子やら日常で使う頻度の高い物はさすがに引き出し付きのプラケースに入れて取り出しやすくしていますが たましか使わない物に関しては箱詰めにしているので使用する度に箱を開ける、探すと言った工程が必要になります。

この一手間が時間のロスになるんですね!

なんて。みんな知ってますよね。



その上 以前程ではないけれどやはり溜まって行く日常のアレコレ。

子供の懇談会のプリントとか、試供品の化粧品やカタログなど雑多なものは自然と増えてきます。

そうやって狭い押入れの中に積み上げて次第に層になって行くのです。

箱詰めにした物、溢れて行く私物は

いつしか「死物」と化す。


認識しなければ無い物、即ち死物になるのです。

物が使わない(動かさない)内に劣化してしまうように、感情も鈍く感じなくなってしまいす。

その点は同じですね。


私には物と感情は切り離せないようです。