…時々、晴れ雨。

グレーな私と子供たちを取り巻く日々を。

想定をしてみる。

想像の範疇でもあるし、希望まじりの妄想をするのも何だか虚しいので

「タラレバ」を私はあんまり考えません。

※〜たら、〜ればなど仮定する話


事態が深刻化している人ほど、そう言う事を言わない気がします。

多分 そんな気力がないのかも(^◇^;)


だけど想定はするんですよ。結構冷静に。

妄想と違っているのは希望的観測が入らないところ。


私が今 想定してみたのは

『もし 私が体調を崩した場合、夫はどうするだろうか?』

です。

風邪で寝込むなどではなく、例えばガンやうつ病など 治療が長期に渡るもので身の周りのお世話を誰かにして貰う必要があるような。


しかも 私には3人のまだ小中学生の子供がいるのだから、家事以外にも手がかかる点も必須の状況である。


どうする?どうなる??


多分…夫は私の実母に 私の世話を任せるだろうと思います。

任せるより負わせるんだろうなぁ。


私の実家で揉めてから 夫が一方的に毛嫌いしている母に、夫婦仲が上手く行っていない私だもの。

そら、押し付けるだろうな。


夫は常識のある人で、社会的地位も

比較的高い職業に就いています。

だから面倒なので看ませんとは言わず きっと、もっともらしい理由を挙げて私を遠ざけるのだろうと考えます。


「僕は仕事もありますし、子供たちの面倒を見ますので そちらでameさん(私)の世話をしてやって下さい。」

とかなんとか。


夫としては 娘なんだから 世話はあなた達で看るのは当然だよね?

と 半ば本気で思っている事だろうから。


そして治療費などは 子供の手前もあるから多少払うだろうけど、実母にも負担させる形に持って行くのだろうな、とまで想像がつく。


はっきり言えば夫は

"私の世話をしながら 家事やって、子供たちを育てる”

が、出来ないのではなく《しない》

選択をするだろうと言う事です。


そう、しない。したくないから。

気持ちが離れていて、しかも見下している相手に労力や時間を費やす人ではないんです。

関係を再構築しようと思わない限りは。


夫は思いやりも常識も持っているけど、自分の考えが正しいと固く信じていて、上手く理論付けたらパッと手を放してしまえる人なんです。

気持ちよりも正論が優先。


あくまで仮定でしょ?と言われるかもしれませんが、

夫婦なので 相手の性格とか 発言や反応、今までの積み重ねられた時間や生活から導き出されるものに 大きく外れる事は そんなにないんじゃないなぁとも思います。


でも、逆に。

病に倒れたのが夫だった場合は?


私は 残念ながら夫をほっておけないと思います。

もう心が離れていたとしても。


大抵の妻は不仲だからと言って 割り切った考えで 夫を見捨てられないんでしょうね。

これは性格の問題だけでなく、妻と言う役割の意味合いが大きいんだと思います。

そして夫は、私には妻の役割なのだから当然だと自然に考えるでしょう。

親は高齢だとかの理由で頼むつもりもないだろう。


「家族だから」の理由で それこそ家計のために働き、子供の世話をしながら 夫の面倒を見るんだろうな…。 

夫の身内を頼る事はあっても丸投げするのは、本心とは別のところで、簡単には出来ない気がします。


もちろん世の中には、療養中の妻の世話をしつつ家事育児と仕事をこなす夫もいらっしゃるでしょうし、

妻の親族と助けあえる関係は 普段からのお付き合いの賜物だと思います。

病気の治療は受ける方も支える方もとても忍耐が必要な大仕事だから 互いに思いやる必要があるはずなんですけどね。


窮地の場にあって感謝の気持ちが持てず、いがみあっている間柄にとっては もう地獄でしかないって言うことなんです。


夫婦の仲が拗れてくると、老後をこの人と一緒に過ごせるだろうかと不安なります。

その不安夫側も同じだと思うんですが、何故か妻は不仲な夫の世話をするのかな、しないといけないんだろうな…

と 何故か相手に「する」方ばかり考えがちです。


でも そんな先の事でなく 今、自分が体を壊したら夫がどう動くかを「想定」してみるのもいいと思います。


想像はあくまで頭の中での話で

事実とは違うかもしれないし、予想を裏切ればそれはそれでまた別の局面を向かえるでしょう。


想定は あなたが見てきた夫から基づいて導き出した割合の多い答え。

それを自分がどう受け止めるかが問題なのかもしれません。